おもちゃは遊びながら成長を促す画期的なツール【適切な量を与える】

長く愛用するために

おもちゃ

素材選びは大事

おもちゃといっても、たくさん種類があり年齢によっても遊び方や大きさ、素材など変わってきます。特に赤ちゃんは、まだしっかりとおもちゃと遊ぶといったことが出来ない場合もあるので月齢に合わせて選んであげると良いです。生まれたばかりの赤ちゃんは、視力もはっきりしておらず手で何かを握る力もないです。ですので、お母さんがあやす時に使いやすく色も赤などのはっきりとした色を選ぶと赤ちゃんも目で追ってくれたりします。生後半年が過ぎれば、自分で握ったり口に入れたりするようになるため握りやすく口に入っても大丈夫な大きさのものを選ぶと良いと思います。そして、歯が生えはじめる時期でもあるので歯固めの代わりになるおもちゃなどを探してあげると赤ちゃんも喜びます。おもちゃの素材ですが、プラスチックだけでなく木など自然素材を使っているおもちゃもたくさんあります。そういったものなら、劣化もしにくく長く愛用することが出来るでしょう。積み木など、木材はもちろん柔らかな素材で触り心地が良いものであれば低月齢からでも使えて便利ですし成長しても使えます。様々な素材や大きさがあるので、どれを選べばよいか迷ったら口コミサイトなどを見ると参考になり選びやすいです。通販サイトであれば、口コミ情報を確認してネットで簡単に注文出来るので中々買い物に行けない方も安心して買い物を楽しめます。赤ちゃんの生活がよりよいものになるためにも、おもちゃを厳選してあげることは大切だと思います。