おもちゃは遊びながら成長を促す画期的なツール【適切な量を与える】

選ぶときに注意すること

子供

対象年齢と質に注意

赤ちゃんはあらゆるものに好奇心をもって成長していきます。赤ちゃんの好奇心や想像力を刺激して、適切な成長を促すためのものにおもちゃがあります。おもちゃは単なる遊び道具に留まらず、新しい世界を広げるためのものともいえます。赤ちゃんにとっておもちゃの持つ意味は非常に大きく、適切な時期に適切なものを与えられると夢中になって取り組みます。結果として母親の時間を作ることにもつながり、育児ストレスを軽減することにもなります。自分の子供にしろ、ギフトとして贈るにしろ、おもちゃを選ぶときはいくつかのポイントがあります。まず基本として対象年齢を確認することがあります。小さな赤ちゃんには誤飲の心配がないもの、なめたりしゃぶったりしても安全なもの、五感を刺激するものを意識して選ぶとよいでしょう。小さいパーツがあったり、すぐに壊れたり溶けたりするようなものは危険です。乳児期はなめたりしゃぶったりすることで確認しているので、危険な化学物質が含まれていないかも確認しましょう。また、形や遊び方が多様で、長く遊べるかもポイントです。そのときしか遊ばないというものも重要ではあるのですが、長く使えるものは想像力を養うものが多く、結果として赤ちゃんの適切な成長を促してくれます。シンプルなものの方が長く遊べることも多いものです。ただ年齢によっては特定のものやキャラクターを好むこともあるので、子供の様子や親のニーズを把握して贈るのがよいでしょう。